To blog or not to blog

Click here for Japanese translation (日本語)

So here it goes, I will be the first to put my hand up and admit I am not much of a writer. Moreover, I have never felt the need to put my thoughts to paper nor have I given blogging much of a thought, an activity I previously considered exclusive to the wordsmiths among us. Yet here I sit, happily tippy-tapping at my plastic keys. Writing paragraphs, deleting sentences, writing, deleting, creating, erasing. How fun…I digress.

In just under 3 weeks’ time I will be on a plane, cutting across pacific ocean’s skies at a face ripping 900kmph, most likely fixating my gaze on the distant horizon and speculating what new life awaits in the land of the rising sun, Japan.

Which brings me to why I am doing this. I love Japan. I have always loved Japan. I don’t know why, maybe it was because of the pretty Japanese ladies I had seen on tv as a four-year-old boy. It was a mini-series adaptation of James Clavell’s book Shōgun. The show, set in 1600s Japan, featured some seriously badass samurai, beautiful Japanese women and a marooned English sailor (a badass in his own right) who through a series of fortunate events ascends to the much-coveted title of hatamoto (direct servant of the Shōgunate). I was so young, but man oh man, that story really stuck with me throughout my whole upbringing and the early adulthood. The samurai, the colourful yukatas, the language, all of it so alien yet oddly familiar. An obsession was born.

It becomes impossible for someone like me to pin a single reason why Japan continues to fascinate me. I hope to refine this answer as I spend more time living and working in this country. My hope is to document as much of my daily life as possible, either through this very blog or via the not yet existent YouTube channel (links will be posted when ready). By sharing my experiences I aim to encourage people to come and visit Japan.

ブログを書くべきか、書かざるべきか(それが問題) (To blog or not to blog).

では始めましょう。とはいえ、自分が大して筆まめでないことは真っ先に認めます。それにだいたい、考えを文にまとめる必要性なんて、今まで感じたこともありませんでしたし、ましてブログなんて思いつきもしませんでした。こういうことは、それこそ物書きがやるものだと思っていましたから。でも今、僕はこうして机の前に座り、キーボードを楽しそうにカチャカチャ言わせています。一段落書きあげる。いくつかの文章を消す。書く。消す。考えを言葉にする。また消す。意外と楽しくない、これ?……失礼、本題から脱線してますね。

今からきっかり3週間後、僕は機上の人となり、太平洋の空を時速900キロの速さで横切っていることでしょう。その時には、遠くの地平線をじっとながめ、日出づる国、日本で待っている新しい生活に、あれこれ思いをめぐらせているのは間違いありません。

自分がどうしてこんなことをしているのか、改めて考えています。日本が好き。僕はずっと日本が好きでした。理由ははっきりしません。でも多分、4歳の頃、テレビで観たきれいな女の人のせいだろうと思います。それはジェームズ・クラヴェル原作『将軍』のテレビドラマでした。17世紀の日本が舞台で、かっこいい侍、きれいな女の人たち、それと日本に漂着した一人のイギリス人船乗り(当たり前ですが彼もかっこいい)が登場します。そしてこの異国の船乗りが、いくつかの幸運な出来事が重なって、あこがれの旗本に出世する、という筋書きです。その時、僕はほんの小さな子どもでした。でも、このテレビドラマのことは……何ででしょうね……それから少しずつ大きくなって、青年になった初めの頃くらいまでずっと、記憶の中から消えることはありませんでした。侍。色鮮やかな着物。それに言葉。どれもこれもまるで馴染みがありませんでしたが、それでも不思議と心惹かれるものがありました。要するに4歳の時から、僕は日本の虜になってしまったわけです。

僕のような人間にとっては、なぜ日本に惹かれ続けるのか、「これだ」という理由をたったひとつだけ見つける、というのは無理な話です。かの国で、もっと時間をかけて暮らして働いていく中で、この問いに対する答えをもう一度はっきりさせられたらいいな、と思います。今の僕の願いは、このブログか、目下準備中のYoutubeアカウント(使えるようになり次第リンクをはります)を使って、日本での生活をできるだけ言葉にして残すことです。僕自身の体験をお話しすることで、みなさんに「日本に行ってみたい」と思ってもらえるように頑張ります。

One thought on “To blog or not to blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s