An apology to Cape Palliser

Click here for Japanese translation (日本語)

Being present in the moment is difficult for me at the best of times. With the Japan move just days away, trying to do just that has been nearly impossible. A month or so ago, while aimlessly surfing Reddit, I accidentally read an article titled ‘We Aren’t Built to Live in the Moment’. I say accidentally because as a rule I never go out of my way to read anything other than food labels and fantasy novels. This one however had me captivated from the start. The title resonated with my own internal struggles so I skimmed over the first few lines and just kept going.

Written by a group of psychology experts at the University of Pennsylvania, the article argues that what makes us unique from the other species on our greeny-blue planet is the ability to contemplate the future. Furthermore, planning and calculating future prospects is not something we should avoid in favour of the modern society’s mantra of being ‘present in the moment’. The authors go into some detail to explain their theory, using a number of peer reviewed studies in an attempt to strengthen their position. While there were a bunch of takeaways from this piece, mine was that maybe my own internal struggle to keep the brain locked in the present doesn’t actually have to be a struggle to begin with. Perhaps, allowing the brain to satisfy its evolutionary job description – contemplating that which is yet to come – has its place after all.

On my recent ‘farewell’ trip into New Zealand’s wilderness I was reminded of that very article

After climbing some 250 steps up to towards the remote lighthouse, I stand looking over the dramatically scenic Cape Palliser bay. My eyes uselessly pleading with the brain to steady its thoughts on the otherwise jaw dropping, raw natural beauty sprawled out before me. Holy s*&@ balls is it beautiful. Wind-swept cliffs sliding into the ocean, very distant and equally titanic snow-capped mountains of the South Island peaking over the Cook Straight, colonies of docile fur seals lounging nonchalantly among the thickets – I am seeing all of it and so very aware of how special the experience is. Under different circumstances I would be touched by the profound work done here by mother nature, what she had been carving and shaping away at over an eternity. But alas, today I am feeling nothing, not in the moment. Detesting my attempts at distraction, the brain is adamant on planning the future. Leaving only enough grey matter currency for the most necessary daily functions, like breathing, eating and reading food labels.

I start running through a mental checklist of things left to be done before my departure, which is now in 6 days’ time. Tasks like finding appropriate Omiyage (gifts) for my future supervisor and colleagues, sorting bank accounts, what to pack and how to pack it, the logistical breakdown of my entire trip to come etc. Did I forget something? Oh god, I forgot something…

Cape Pelliser (1)

Zero future planning from these guys

Realizing I can’t truly appreciate the natural magic in front of me, I throw in the towel. Cursing the brain and vowing to take my revenge someday. My revenge of course will never be realized, darn thing is smarter than me. Feeling defeated. Apologetically offering my farewell to the vista, and in a way to New Zealand, turning what is remaining of my attention inwards to planning. The brain satisfied with its unavoidable victory carries on with what it had evolved to do so well, every ounce of its energy hell bent on what is to come.

In 3 days’ time, I will be in Japan. The resources my brain so freely used to contemplate the future will be diverted to processing the immediate environment. The future it had stubbornly planned towards for so long would have finally arrived. There will be no more planning or theory crafting – instead, learning and adapting, ducking and rolling, surviving. How exciting! Life in Japan for a non-Japanese speaking foreigner is full of challenges I am told.

Flying out of Auckland New Zealand, I will be arriving in Tokyo and joining roughly one thousand of my colleagues participating in the JET Programme. We will be taking part in a 3 day ‘orientation weekend’ at the Keio Plaza Hotel in Shinjuku.

JET Programme takes on participants every year from many countries around the world, including; Australia, the UK, USA, Canada, Ireland and many more. I am expecting the weekend to be packed with workshops, forums and making new friends with other equally excited fellow JETs. The well run JET Programme uses the orientation weekend to prepare incoming English teachers with last bits and bobs of information and support material right before shipping us all on our merry own way to whatever wonderful and unique part of Japan we have been assigned to.

As for me, following Tokyo Orientation, the plan is to board a flight heading south for Kochi City on the island of Shikoku. Here I will finally get to meet my predecessor Alex, who will kindly be picking me up from the airport. Although I have been in regular contact with Alex via Skype, email and Facebook, this will be the first-time meeting face to face. Alex has been working in what will soon become my role. Assistant Language Teacher (ALT) at a small town elementary and junior high school. He has been in Japan for 3 years and has had some very good things to say about life and work in Japan, and specifically the town I will be working and living in. As for the town, I think I will postpone the reveal in favour of a proper introduction worthy of the place. I promise to include photos. Hold tight, it won’t be long. My next update will be from Japan, a mystical place where I won’t have to read food labels, because I cant.

 

ごめんね、ケープ・パリサー (An apology to Cape Palliser).

今、この瞬間を生きる」ことは、絶好調の時であってさえ、僕にとっては至難の業です。まして日本への旅立ちをほんの数日後に控えた今であれば、ほとんど不可能に近いと言っていいでしょう。一ヶ月ほど前でしたか、ニュースサイトのRedditを何となく眺めていた時、たまたま「今この瞬間を生きるようにはできていない、人間という生き物 (We Aren’t Built to Live in the Moment)」という記事を読みました。ここで「たまたま」と言ったのは、だいたい僕は食品の成分表示か、ファンタジー小説ぐらいしか書かれた物を読んだりしないからです。そんな僕が、この記事には最初から釘付けになりました。題名そのものが、今抱えている悩みにピッタリだったのです。そういうわけで、はじめの数行をざっと見、そのまま読み続けることにしたのでした。

ペンシルヴァニア大学の心理学研究グループによるこの記事は、地球上の他の動物と人間を隔てているのは、未来や将来のことをしっかりと考える能力だと論じていました。さらに、「今、この瞬間を生きる」が現代社会の合言葉であるとはいえ、計画することや将来の見通しを立てる思考力は、それと引き換えにするようなものではない、とも言っていました。自分たちの学説を裏付けるような他の専門家たちの研究を援用しながら、記事は詳しい説明に立ち入っています。考えさせられることはいろいろありましたが、得られたものを自分なりに言うなら、目の前にあることにどうしても考えを集中できない、という今抱えている悩みは、人間のこうした作りを考えればそもそもくよくよする必要はない、ということです。まあ確かに、ヒトの頭脳に、その進化の過程で身につけていった役割を果たしてもらう(=未来に思いをめぐらせる)ことには何らかの意味があるのかもしれないですよね。

つい最近、ニュージーランドの自然にしばしの別れを告げるために出かけたことを、この記事を読みながら思い出していました。

およそ250段ある階段を岬の灯台まで登りきった後、僕は立ちつくしてケープ・パリサー湾のすばらしい眺めに見入っていました。他のことをあれこれ考えず、眼前に広がった、言葉を失うほど美しい景観に頼むから気持ちを向けてくれ……そんな風に僕の目は、むなしい指示を僕の脳みそに出していました。もうほんっとうに……キレイでした。海に面した、吹きさらしの絶壁。クック海峡の向こう、南島の彼方に見える、雪に覆われてそびえ立つ巨大な山々。茂みのそこかしこで、何も考えてなさそうに寝そべっている、おとなしいオットセイの群れ。全てを見渡し、自分がどれほど特別な体験をしているか、しみじみと実感したものでした。こういう状況でなければ、母なる自然が作り出したこの偉大な光景……気の遠くなるような長い時間をかけて、自然が刻みつけ、作り上げてきたもの……に、僕は感動を覚えたことでしょう。ところが残念なことに、その日は何も感じとることができませんでした。つまり「今、この瞬間を生き」ていなかったのです。ちょっと気晴らしを求めたい、という僕の心を嫌って、頭の方はその時、これから先のことで(文字通り)頭がいっぱいになっていました。息を吸ったりはいたりだとか、食べることだとか、食品の成分表示を読むといった、日常生活に必要最低限の役割は別にして……。

今や6日後に迫った出発に向けて、まだやっていない必要事項をリストアップすることに僕の頭は働き始めていました。着任先の上司、同僚にいいおみやげを見つけなきゃ。銀行口座を整理しなきゃ。荷作りは何を、どうやってつめようか。移動全体にかかる具体的な金額明細。何か忘れてないか?まずい、うっかりしてたことがあるぞ……。

目の前に広がる自然の芸術を、心から楽しめそうにないことがつくづくわかったので、もう諦めることにしました。自分の脳みそを呪いながら、別の機会に仕返しすることを心に誓ったのです。でも、この意趣返しはもう絶対無理でしょうね。頭の方が、僕の心よりも一枚うわてですから……。だめだ、負けた。申し訳なく思いつつもそのすばらしい景観に、言い方を換えればニュージーランドの国土に別れを告げた後、残された注意力は今後の予定に向かっていきました。僕の脳みそは、この必然的な勝利に満足したようでした。そして、人類が進化していく中で彼に課されるようになった例の役割……つまりは来たるべき物事についてじっくり考えること……に全精力を集中させたのです。

あと3日もすれば、僕は日本にいます。未来のことを考えるために、頭があれほど自由気ままに使いまくっていた僕自身のエネルギーは、直近の物事を進めるように振り向けられることになるでしょう。長い間、かつ頑ななまでに僕の脳みそが描き続けてきた「未来」が、ついに現実のものとなります。細々した計画を立てることも、段取りを考えることも、もうありません。その代わり、どうやって学ぶか、環境に適応するか、ジタバタするか、日々暮らしていくかを考え始めることになります。これはワクワクしますよね。日本語ができない外国人にとっては、日本での生活は難問だらけだそうですから!

オークランド空港を飛び立てば、東京に着いて、JETプログラムに参加している、僕と同じような立場の外国人、およそ1,000人の集団に合流することになるでしょう。その後、新宿にある京王プラザホテルで、週末3日間のオリエンテーションが待っています。

JETプログラムでは、オーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、アイルランドをはじめ世界中の多くの国から、外国人が毎年雇用されています。オリエンテーションでは、ワークショップやら、フォーラムやらが目白押しのはずですし、僕と同じようにワクワクしながら来日した、他の参加者たちと仲良くなれることでしょう。JETプログラムというこの事業はとてもよくできていて、すばらしくも特色豊かな日本各地へと送り出す直前、楽しげに旅立とうとしている僕ら新米の英語教師たちに、最終段階でのこまごました情報や、役に立ちそうな物を紹介するため、この研修を活用するわけです。

僕の場合、この東京でのオリエンテーション後、四国は高知市へと、南に向かう飛行機に乗ることになっています。ここでようやく、前任者のアレックス(Alex)と対面することになります。ありがたいことに、高知龍馬空港までのお出迎えつきで!彼とはすでにスカイプ、メールそれにフェイスブック経由で、定期的に連絡をとりあっていますが、直接会うのはこれが初めてとなります。アレックスは僕にとっては直近の前任者であり、町に1校だけある小中学校(一貫校)のALTとして3年間勤務しました。日本での暮らしや働き方、特に赴任先の町について豊富な知識と経験をもっています。これからお世話になるその町については、別の機会に詳しくお話ししましょう……しかるべき紹介が必要だと思いますから。その時には写真もお見せしますね。近日公開、乞うご期待!さて、次のブログ更新は日本到着後となります。食品の成分表示なんか読まなくてもかまわない、あの謎めいた国からお届けします。ま、「読まなくてもかまわない」っていうより、そもそも読「め」ないんですけどね……。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s